2015年12月21日

BRADIO 日本の音楽シーン 日本の音楽番組

BRADIOとは、真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(G)、酒井亮輔(B)、田邊有希(Dr)、4人組ロックバンド
~Break the Rule And Do Image On~
日常の世界(Rule)に、素敵な時間・空間のイメージを加え(Do Image On)、良き変化(Breake)を。
日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに結成された4人組ロックバンド。
2014年夏には愛知県で行われた大型フェスTREASURE05XやT.M.Revolution西川貴教主催イナズマロックフェス2014に出演。各地のサーキットイベントにも勢力的に活動を広げる。
2015年日本テレビほかアニメ「デス・パレード」オープニングテーマを担当。楽曲ごとに異なるサウンドを鳴らすドラムンベースを軸に、さらに熱唱&ファ ルセットを使い分ける個性の強さが魅力のヴォーカリスト真行寺の歌声で見に来たFUNKY PARTY PEOPLEを虜にするエンターテイナー集団BRADIO。
(BRADIO公式サイトより引用)


とりあえずたぶん一番有名な曲を公式さんからアップしてみました。
今の日本の音楽テレビ番組は、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48などのいわゆる「秋元康グループ」と、ジャニーズ系、EXILEファミリーが席巻していますね。まあ、それぞれ嫌いじゃないので別段いいんですが、少し問題を感じることもあります。
私は目立たない、TV・ラジオなどの露出が少ないけどイケてるアーティストを探すのが結構好きで、このBRADIOもそのひとつです。
車の中でよくかけてますね。「真っ赤なカーチェイス」とか聞きながら(笑)
あんまり今までいなかった感じの、でもどこか懐かしいような、面白いバンドが出てきたと思います。
音楽番組はもっとこう、多様性持たせて面白い番組構成してくれないでしょうかね。
(梟)

posted by 燕会 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事(梟) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。