2015年12月19日

ニセ変態仮面 ハーゴン 下町ロケットの安田顕 何かやらかす?

人気ドラマ『下町ロケット』(TBS系)で佃製作所の技術開発部長役を演じている安田顕(42才)への注目度が高まっている。もともと、北海道のローカル番組『水曜どうでしょう』(HTB)では“残念なイケメン”としてそのキャラクターは知られていたが、ここ最近、個性的な役柄での起用が激増。その魅力に、テレビ解説者の木村隆志さんが迫る。

北海道民にとっては「芸人よりも面白いタレント」だった安田さんが、いつの間にか連ドラ界屈指の売れっ子俳優になりました。もともとコアなファ ンの多い人でしたが、『下町ロケット』の好演で国民的な認知も上がり、今や「連ドラ主演を期待されるポジションにまで到達した」と言えるのではないでしょ うか。

安田さんが連ドラに出演しはじめたのは2007年ごろから。当時は『ハケンの品格』『ホタルノヒカリ』(ともに日本テレビ系)で演じたサラリーマンのような「普通の人」「いいヤツ」の役が多く、主演の演技を邪魔しない脇役の一人に過ぎませんでした。しかし、2013年にその流れが一変します。

みんな!エスパーだよ!』(テレビ東京系)では演出を手がけた園子温監督の妻・神楽坂恵さんにセクハラしまくる超能力の研究者、『スターマン・この星の恋』(関西テレビ系)では妻子を捨てて逃げたクズ亭主、映画『HK 変態仮面』では顔にパンティーをかぶったニセ変態仮面と、次々にアクの強い役を演じてインパクトを残しました。

その後も、『アオイホノオ』(テレビ東京系)では『エヴァンゲリオン』を手がけた庵野秀明さんの大学生時代、『問題のあるレストラン』 (フジテレビ系)では女装家でゲイのパティシエ、映画『龍三と七人の子分たち』では詐欺師集団の極悪ボス、映画『ビリギャル』ではヒロインに罵声を浴びせて髪を引っ張る悪い教師を演じて、強烈な印象を放っています。

これらのキャスティングは、制作側が安田さんの強烈な個性に気づいて、使い方を心得てきたからではないでしょうか。安田さんは端整な顔立ちながら、どこか抑圧されたような暗く影のある佇まい、真剣な表情になるほど「何かやらかしてくれるんじゃないか」という期待感、期待を裏切らないサービス精神を持ち合わせた稀有な存在。「普通の人」「いいヤツ」だけを演じさせていたらもったいない俳優なのです。

怪演が目立つ俳優で比べるなら、香川照之さんが「ブンブン鳴いて威圧しながら近づいて刺しにくるハチ」で、安田さんが「何気なく近づいて きていつの間にか刺されているアブ」。ハチに刺されると痛いけど、アブに刺されるとかゆくなる。つまり、アブはハチほど危険ではないけど、不気味で傷跡がクセになるというイメージ。ハチの派手な黄色と、アブのくすんだ黒色の対比も含め、それぞれ2人の醸し出すムードにピッタリです。

安田さんの演技に関して、もう1つ見逃せない変化があります。それは現在放送中のCM『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』で、りゅうおう役の北大路欣也さんとともに “ラスボス”の象徴であるハーゴン役を演じているような、“ラスボス”としての出演が増えていること。その理由は、「まだまだ余力を残していそう」「本気を出したらどうなるんだろう……」と思わせる含みを残した演技によるものではないでしょうか。何かを悟ったような表情、低く落ち着いたトーンの声、静かな身のこなし、自己主張のない発言などが、底知れない潜在能力を感じさせます。

それでいて、普段はダメ人間のムードも漂わせている安田さんは、まさに男性の好きな「最強説」にあてはまる人物像。「演技最強説」「面白さ最強説」「爆発力最強説」など、さまざまな妄想を楽しませてくれるのも魅力の1つです。『HK 変態仮面』のような爆笑作から、『下町ロケット』のようなシリアス作まで、ジャンルやムードを問わず対応できる安田さんが今後どんな役を演じるのか、楽しみでなりません。
(NEWSポストより引用)

――――――――――――――――――――――――――――

安田顕、確かに何かやらかしてくれそうだ。
ニセ変態仮面はクッソ面白かったし、下町ロケットでもいい味出してますよね。
アオイホノオも観てたけど、庵野っぽい変人っぷりが出てたし、ドラクエCMのハーゴンも面白い。
変な役が似合う俳優っていうと、生瀬勝久とか斎藤工とか窪塚洋介とか藤原竜也とかいるけど、安田顕はなんか別格。
ぜひ、やらかしてください。
ってか、いいぞもっとやれ!
(雀)



posted by 燕会 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事(雀) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。